日本自然保護協会、辺野古海草藻場調査の「沖縄タイムス」報道です。

記事にもあるように、辺野古埋立に対する意見書提出締切が718日(消印有効)と迫っています。意見を出しましょう。

住所・氏名を明記し、利害関係を明らかにし、意見を書きましょう。宛先は沖縄県知事仲井真弘多、郵送先は、沖縄県那覇市泉崎1−2−2沖縄県土木建築部海岸防災課 御中  です。  様式は下記です

 

沖縄県知事仲井真弘多 様

                住所:沖縄県沖縄市字津嘉山1171番地

                氏名:沖縄 太郎

 

本件との利害関係

 

沖縄の自然環境を保全する運動をしています。普天間基地の辺野古移設の問題は沖縄の自然環境を保全する立場から看過できません。利害関係者として意見を提出します。

 

意見

辺野古新基地建設のための埋立を認めないでください。以下その理由です。

1.ジュゴンのこと

2.海草藻場のこと

3.サンゴのこと

4.ラムサール条約登録の候補地

5.沖縄県自然環境保全指針でも「評価ランク1」に指定していること

6.奄美・琉球諸島が、世界自然遺産の候補地になっていること

7.その他(絶滅危惧種、貴重種、などなど)

 

詳細は下記をご覧ください

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2013/04/post-62.html