沖縄県知事要請の報告 20161130日  泡瀬干潟を守る連絡会

 

1130日午後1時から、翁長知事、自然保護課長、環境政策課長宛ての要請(泡瀬干潟のラムサール条約登録についての要請・再)を致しました。(要請文は別紙参照)

自然保護課長:金城賢様、自然保護班班長:出井航様、自然保護班主査:徳里政哉様が対応しました。連絡会参加は、池原秀明副代表、前川盛治事務局長、桑江直哉幹事、山城正雄会員、横田等会員でした。

具体的な要請(1〜5)への回答と、回答の概要(前川メモ)は、下記です。

 

概要を示すと、「12次鳥獣保護計画は、未だ作業中であり、案については、パブリックコメント実施時に、県のHPに掲載し、関係機関への意見照会、審議会での審議、パブリックコメントなど必要な手続き経て計画が20173月末に確定する。その後(20174月以降)位置づけ・線引きなどの指定の作業に入る。その時、県の考え方を示したい。」ということになります。

 

要請1.2017年度から実施する第12次鳥獣保護管理事業計画(以下、12次鳥獣保護計画)の進展状況を明らかにすること。

回答:現在、案を作成中。案ができたら、地元自治体の意見照会、県審議会での審議、パブリックコメント等のあと、20173月末までに完成する予定である。案は12月末〜1月初め頃できるので、パブリックコメント実施時に、県のHPに掲載することを考えている。

 

要請2.12次鳥獣保護計画の泡瀬干潟における位置づけ(線引きなど)はどのようになっているのか。

回答:位置づけ、線引きは、案が確定し、鳥獣保護区の指定を行う20174月以降の作業となるので、現時点では位置づけ(線引き)は未だである。

 

要請3.12次鳥獣保護計画の泡瀬干潟における位置づけ(線引きなど)について、地元沖縄市とどのような話し合いをしたのか、その結果、同意は得られているのか。

回答:沖縄市とは意見交換をしているが、泡瀬干潟を鳥獣保護区に指定したいとの意向を伝えただけで、合意については、指定の時に具体的な位置づけ(線引き)を示し、スケジュール、県の考え方、内容などを示し同意を得たいと考えている。なお、12次鳥獣保護計画の策定には、地元の合意を必ず得なければならない、というものではないが、意見照会の過程で理解を得ていきたい。

 

要請412次鳥獣保護計画の今後の策定状況を明らかにすること。

回答:20173月末に12次鳥獣保護計画を策定し、県の公報に掲載する。20174月以降は、指定の作業に入る。その時は先に示したように地元(沖縄市長、北中城村長、関係する漁協等)に説明をして、同意を得るようにする。

 

要請5.泡瀬干潟のラムサール条約登録を、ラムサールCOP132018年、ドバイ)で実現できるように努力すること。

回答:登録には、国際基準への該当、国による鳥獣保護区の指定、地元住民などの登録への賛意が必要であるので、20174月以降、努力する。様々な意見が想定され、それを踏まえての指定であるので、何時頃指定が確定できるかは、現時点で明確に示すことは出来ない。

20172月末頃、要請があればその時点での状況は説明したい。       以上

 

要請文  下記

                              20161130

沖縄県知事 翁長雄志 様  

自然保護課長様、徳里政哉様、出井様  

環境政策課長 様

     泡瀬干潟を守る連絡会 共同代表 小橋川共男 漆谷克秀

     連絡先:事務局長:前川盛治 沖縄市古謝津嘉山町431 電話:09054766628

        

泡瀬干潟のラムサール条約登録についての要請(再)

貴職におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、翁長知事は、泡瀬干潟のラムサール条約登録について20153月議会、6月議会で、「意義のあること、地元自治体へ働きかけている」とを答弁し、また20151025日の私たちの要請に対しても、1112日付で次のように回答(要旨)しております。

1.泡瀬干潟がラムサール条約に登録されることは、意義のあることと考えております。

2.ラムサール条約への登録は、湿地の重要性の国際基準への該当と、国による鳥獣保護区の指定、地元住民などの登録への賛意の3つの条件が必要であります。

3.沖縄県としては、ラムサール条約への登録に必要となる鳥獣保護区の指定に向け、地元自治体への働きかけを始めており、来年度策定する第12次鳥獣保護管理事業計画(平成29335ヵ年企画)への位置づけを目途に合意形成に努めてまいりたいと考えております。

私たちは、この回答を踏まえ、環境省へも20151130日に同趣旨の要請を行い、「環境省として積極的に進めていきたい、地元の同意を得るように努力すること」等の回答を得ております。

ところで、泡瀬干潟を守る連絡会では、翁長知事の県議会(20153月)での答弁を踏まえ2015410日、桑江朝千夫沖縄市長に「沖縄市においても、沖縄県と歩調をあわせ、泡瀬干潟及び比屋根湿地をラムサール条約湿地にする取り組みを進めること。」を要請しました。この要請に対し、桑江市長は、次のように答弁しています(概略、前川メモ)

1.ラムサール条約登録については考えていない。

2.県からの打診もないし、沖縄市から県に問い合わせもしていない。

県知事への要請(201510月)と、沖縄市長への要請(20154月)は、時期が違うため、両者の回答に相違がありますが、20151112日以降について、沖縄県と沖縄市の話し合いがあり進展があったと思われますが、私たちにはわかりません。

つきましては、下記の要請を致します。誠意ある回答をお願い致します。

                     

 

1.2017年度から実施する第12次鳥獣保護管理事業計画(以下、12次鳥獣保護計画)の進展状況を明らかにすること。

2.12次鳥獣保護計画の泡瀬干潟における位置づけ(線引きなど)はどのようになっているのか。

3.12次鳥獣保護計画の泡瀬干潟における位置づけ(線引きなど)について、地元沖縄市とどのような話し合いをしたのか、その結果、同意は得られているのか。

4.12次鳥獣保護計画の今後の策定状況を明らかにすること。

5.泡瀬干潟のラムサール条約登録を、ラムサールCOP132018年、ドバイ)で実現できるように努力すること。

                以上