人手が足りなければ知恵を使え  泡瀬干潟編

 

沖縄BDのみなさまへ  安部真理子

 

本日、泡瀬干潟の月曜行動に参加するために泡瀬干潟の仮設橋梁前に行きました。意外なものが一

人、海のうえで、がんばっていたのでご報告します。

添付の写真のように「フジイロハマグリ、ウミエラ、ニライカナイゴウナを死滅させる泡瀬干潟浅

瀬の浚渫止めよ 泡瀬干潟を守る連絡会」と書かれたいかだが海の上に浮いています。

今日のような風がある日だと、これが風に吹かれてクルリと舞い、凶悪な埋め立て機材の方に向いて

抗議し、少し角度を変えて仮設橋梁前のガードマンの方を向いて抗議し、また角度を変えて、車道に

いる私たちに抗議内容を見せてくれます。

手前のオブジェはヒトデでしょうか。オブジェ制作の屋良さん、筏制作の泡瀬干潟を守る連絡会の

方々のご努力が伝わってきます。

沖縄市に行かれる予定のある方はぜひ実物を見てみてください。ガードマンたちは通行人がいかだ

の写真を撮るだけで結構ぴりぴり来ているようです。余裕のある方は仮設橋梁の入り口の前をゆっくり

ゆっくり歩いてみてください。さらに効果があります。

いかだ遠景

 

泡瀬いかだ