85千の署名(平成13200110月頃から20023月頃まで、「美ら島を創る市民の会」が行った署名

は信用できないものである。

 

1.      3者(沖縄市選挙管理委員会)が点検した署名数ではない。(推進者が報告した署名数)

  住民投票条例制定の署名などは、沖縄市選管が点検している。

2.      人口約11万(2001年当時)の中で85千(約77%)が賛成したことは、当時の世論調査と矛盾する。

  当時の世論調査は賛成が約2割、反対が約6割程度である。マスコミ等の世論調査を参考にしてください。

  http://save-awasehigata.hp.infoseek.co.jp/yoronntyousa.htm

  また、当時の新聞記事も参考にしてください。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-110226-storytopic-86.html

 

3.2002年の沖縄市長選挙のとき、私たちが有権者(投票後の有権者)に調査した結果、「一人で50回も署名した」

  「電話帳から書き写した」「生まれる前の子どもの名前も書いた」などの回答があった。

4.市民の約8割が賛成しているのに、選挙の結果(2006年選挙、積極推進の桑江候補は落選、市民の意見を聞くとした東門

  候補が当選した)と矛盾する。

5.署名の数は、信用できない数値であると思われる。(反論があれば、当時の署名用紙を点検させて欲しい)